包帯補強の価格

包帯補強の価格は明解です。

包帯補強は、従来の耐震補強工事にくらべて、使用する材料の種類は少なく、工程も簡単で、作業時間も短いという特徴が、表-2の材料費と労務費の単純な構成に反映されています。 貼り付け工事費は、柱などにSRF補強材をSRF接着剤で貼り付ける工事の作業員費用です。 補強工事は、3人~4人一組で行ない、独立柱で周囲に障害物が無い場合には、柱一本、補強材一層あたり、平均1時間で貼り付けることができます。 ただし、少数の柱しか1回の工事で補強できない場合には、貼り付け工事作業員の手待ちが生じ、割高になります。

包帯補強の価格は明解です

包帯補強を用いた補強工事全体は、一般の改修工事と同様に、直接的な費用と間接的な費用の合計で、表1、表2のような構成になります。

表1 改修工事費の構成

直接的な費用 改修工事に直接必要な費用
準備工事費 備品の移動、仕上げ・設備の撤去あるいは移設等
包帯補強(SRF工法)工事費 SRF補強材の貼り付け工事費用
その他補強工事費 ブレース、壁増設など、SRF以外の補強工法の施工費用
仕上げ工事費 補強後の仕上げ修復、設備設置等
間接的な費用 改修工事を行うことに共通して必要な費用
仮設工事費 道路占用、足場、安全対策、発生材処分、清掃等
現場経費 現場事務所経費
経費 建設会社の本支店経費

表1の改修工事費の中で、直接的な費用を直接工事費(直工)といい、SRF工法工事の直接工事費は、表2のような構成になります。

表2 SRF工法工事費の構成

材料費
補強材 SRF補強材(高延性材)
接着剤 SRF接着剤
労務費
SRF補強材準備 SRF補強材(高延性材)の労務費
貼り付け工事費 SRF補強材(高延性材)の貼り付け労務費
品質管理費 SRF補強材(高延性材)貼り付け工事の品質管理人件費
労務費 専門工事会社経費
実施料 包帯補強の特許・ノウハウ使用料